ブログ

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2008年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

タグ

閉じる

買い物一覧

最新の買ったもの

カテゴリー

アーカイブ

2008年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

閉じる

プレイリスト

最近作ったプレイリスト

アーカイブ

2012年年間ベスト

閉じる

twitter

閉じる

last.fm

最近聞いた曲

ロード中

続きを読む

閉じる

「ウォッチメン」をウォッチしてきた

2009年04月12日 23:54

「ウォッチメン」

「誰がウォッチメンを見張るのか」という事で、「ウォッチメン」を見張りに行ってきました。
いや、普通に劇場に観に行っただけですがね。
面白かったよ。

僕の周りでは結構人によって評価が分かれてて、「すげー面白い」って人もいれば「全然だめ」って人もいて、実際どうなんだろうと思ってたんだけど、思ってたより全然良かった。

なんつっても、ロールシャッハ(出てくるヒーローの一人ね)がかっこいいねー(原作だと全然違うらしいけど)。
原作は未見なのでどうなのかわかんないけど、映画に限って言えばロールシャッハの魅力にやられない人はいないでしょ。
罠にはめられて、警察に取り囲まれた部屋で「No!No!No!」と叫んで右往左往するシーンとか、なんかロールシャッハの悲哀が感じられる結構な名シーンだと思うんだけど。

とはいえ、この映画の面白いところって原作の面白いところなんだろうな、と思ってしまうのも事実で、全体的に話を追うのに精一杯で物凄い駆け足でストーリーを追ってる感じがしてしまうのよね。
いまいち全体の話を推進する核がないまま話が勝手にどんどん進行していくので、原作についての前情報無しで観たら、結構途中でついていけなくなる人がいるのも分からなくはないかなあ。

キャラクターについての説明もほとんどないし、時代背景や設定に至っては、後ろのTVモニターのニュースとか新聞の見出しとかでちょろっと匂わせる程度の説明しかないので、事前の情報をかなり入れて観に行った僕でもわかりづれーなー、と思ったり。
まあ、そういう押井守ライクな説明過多でない演出は嫌いではないけど、もうちょっと説明してくれてても良かったんじゃないかね。
特にキーン条例についての説明(物語世界の設定で、ヒーローの自警活動を禁じた法律)は、もうちょっとちゃんとしてくれないと、あれは普通に観てたら分からんでしょ。
一応警官たちのデモ運動の描写とかはあったけどさ。
あと、オジマンディアス(これもヒーローの一人)は、かなり重要なキャラのはずなのにやたら存在感薄くて、最後までいまいち何やりたいのかも何やってんのかもわかんなくて、これもちょっとなー。

原作ファンから見ると、端折ったり変更したりしてる箇所が気になって何かしら言いたいことが出てきそうだし、かといって何も情報なく観に行ったらさっぱり話についていけなそうだし、結局ある程度原作についての情報を入れて、でも原作は読んでない、という人(正に僕のことですが)が一番楽しめそうな映画なような気がします。
そんな狭い客層狙ってどうする、という気もしますがね。

あと、冒頭のボブ・ディランの「時代は変わる」が流れるシーン(ここは、皆言ってるけどなかなか素敵なシークエンス)があって、これは映画とは直接関係ないんだけど、そもそも未来への希望を込めたプロテスト・ソングだった曲が、過去へのノスタルジアを象徴した曲として使われるという文脈の180度変わりっぷりがちょっと面白いと思った。
まあ、映画と全然関係ない話ですがな。

とりあえず、コミックス読んでからもう一度観てみたいっすわ。

ページの先頭へ