ブログ

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2008年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

タグ

閉じる

買い物一覧

最新の買ったもの

カテゴリー

アーカイブ

2008年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

閉じる

プレイリスト

最近作ったプレイリスト

アーカイブ

2012年年間ベスト

閉じる

twitter

閉じる

last.fm

最近聞いた曲

ロード中

続きを読む

閉じる

NANO-MUGEN FES.2012に行ってきたよ

2012年07月17日 23:37

横浜アリーナで行われたNANO-MUGEN FES(通称アジカンフェス)に、2日目の1日だけ行って来ましたよ。
Fountains of Wayneとチャットモンチーが観れて、なおかつSuedeとアジカンがついでに観れるとあれば、これは行かない手はないでしょう(アジカンさんは主催なのだけどね...。すいません)。

一応フェスと銘打ってはいるけれど、基本ステージは1つだし(一応メインとサブが併設されていてセットチェンジは交互に行われたりはする)、フェスというよりはショーケースライブって感じ。
まあ、そもそもアジカンのみなさんが自分達の好きなバンドを紹介するのがコンセプトだと思うので、こういう方が合っているんじゃないかな。
あまりフェスやライブに行き慣れていない若い子たちが主な客層だろうしね。

というわけで以下ざっと観たものの感想です。時系列順。

Chara
たまたま前日にTVでライブやってるのを観てて、「声出てねーなー(ていうかヒドイな...)」と思ってたんだけど、この日のライブもおおむね印象は変わらず。
元々雰囲気勝負な人だとは思ってたけど、修正の効かない生ではやっぱりなかなか厳しいなあ。
そもそもこの路線では、雰囲気でも勝負出来てなおかつ歌も上手いYUKIという人が出て来てしまったしなあ、などと考えてたらあっという間に終了。
僕は3階席で観てたので全然分からなかったけど、ギターで元BAKU(または元Spiral Lifeまたは元Air、ていうか元BAKU)の車谷が参加してたそうな。

Mates of State
チャットモンチー待ちで後半だけ観たんけど、すごい良かった。
鍵盤担当(嫁)とドラム担当(旦那)の夫婦デュオ。
この日はサックスその他色々担当とギターの2人サポート付き(ギタリストが日系?の人らしく日本語でMCしてた)。
いかにも今のUSインディーロックといった感じのパンク/エモを通過したポップロックだけど、曲も良いし編成の面白さもあるし、なかなかフレッシュなバンドでした(ドラム叩きながら歌う旦那のパワフルさがすげー良かった)。
この人たち発見出来ただけでもこの日行った価値はあったかな。

チャットモンチー
かわいい!以上!
で済ましたいところですが、いやいやかわいいだけじゃなくてめちゃくちゃ格好良かった!
たぶんシーケンサーの類は一切使わず生演奏のみに拘った編成で、確かに厚みはないし不安定なところも多々あるんだけど、出来ない事はやらない!的なストイックさが本当に素晴らしかった。
編成の都合もあるんだろうけど、ほとんど新曲のみという潔さも良かったね。
かわいい!しか言わない外野の声(含俺)が、本人たちにとっては悩みというかストレスでもあったりするのだろうと思うけど、そういうのを軽く吹っ飛ばす素敵なライブでした。
あとギタリストの叩くドラムはみんな格好いいね。

Fountains of Wayne
この日の個人的トリ。
最初はステージ前あまり人がいなくてちょっと心配したけど、最終的には結構人も集まっていたし、僕の周りではコーラス歌ってる人も結構いたのでちとホッとしたw。
ライブも短いながらアップテンポな曲たて続けに畳み掛けて、若者中心の客にもなかなかアピールしていたのではないかと。
やっぱり一見さんの多いライブではメロディの良いバンドは強いですな。
前日はやったらしい「Mexican Wine」やんなかったのはちと残念だけど、まあフジで観たからそれは許すとしよう。
つかそろそろフェスとかじゃなく単独でお願いしたいっす。

Suede
当日会場で見かけたTシャツの数からしてもしかして客一番少ないのでは?と危惧していた復活Suede。
それほど思い入れないので後方イス席からゆっくり観ようかと思ってたんだけど、万が一ガラガラの場合加勢に行かねばと思いステージ前エリアへ(本当は次のアジカン目当ての知り合いに連れてかれたんだけど)。
まあ結局半分位はアジカン目当ての人たちとはいえちゃんと埋まってたから良かったけど。
ライブの方は、そんな危惧がバカバカしくなるほどブレットさんの調子が絶好調で、例のマイクぶん回す必殺技も最初から決めまくって、体中にケーブル巻きつけて歌い上げたり放り投げたりとやりたい放題。
勢い余ってワンコーラス丸ごと客に歌わせようとしてみんなキョトン、みたいなシーンもあったけど(つかあれは相当なファンでもハードル高いだろw)、圧倒的なエンターテナー振りを発揮してあっという間に去って行った。
まさにロックスター。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
というわけでイベントの主催者のアジカンさん。
個人的には以前のフジロックで最後の数曲しか間に合わなくて残念、という思い出があるのでようやくちゃんと観れた感が。
まあワンマンじゃないけどね。
電力を全て太陽光発電でまかなってるからなのかどうか知らないけど、基本ほとんど電飾を使った演出のなかったイベントだけど、さすがに最後は電飾ピカピカ使いまくり。
まあトリだし、主催者だからねー。
アジカンの演奏や曲はとても良かったし、特にアンコール最後の「踵で愛を打ち鳴らせ」でのPVのダンスを再現したステージは、視覚的にもほとんどステージ上で演出のなかった1日の最後に見せられるとやっぱグッと来たりもしたんだけどー。
でもでもですね。
あんまり言いたくないけど、これだけはやっぱりどうしても気になるので言ってしまいますが、あのどんな曲でも構わず「オイ!オイ!」て合いの手入れる盛り上がり方はどうなの?
あれにすーーごい違和感を感じてしまうのは僕がおっさんだからなのかなー。
なんか往年のアイドルの応援団というかヲタ芸とでもいうか、そういうのとかなり近しいものを感じるんだよね。
まあ日本的といえば日本的なんだろうけど。
というわけで、ライブは確かに良かったんだけど、何となく複雑な思いにもなったりしたのでした。

洋楽ファンからは、結構な大物アーティストを呼ぶのに観たくもない邦楽アーティストとセットで、しかもトリはアジカンてどうなのよ?的に揶揄される事も多いイベントだけど、個人的にはアジカンのみなさんはすごく頑張ってると思うし、こういう洋邦問わず観れてしかも若者に間口の広いイベント(フジロックは確かに色々観れるけど、やっぱりハードルは高いよね)はやっぱりあった方がいいと思うので、長く続いて欲しいなと思います。
まあとはいえ、自分が実際行くかどうかはやっぱり出演者次第なんだけどね。
あと、あの「オイ!オイ!」はもうちょっと廃れてくれると...。

ページの先頭へ