2010年良かったアルバムベスト10

2010年12月28日

一応恒例なので、2010年に気に入ったアルバム・ベスト10など。
まあ、実際言うほど新譜聴いてないんだけどね。
順不同っす。

国別内訳は英3・米3・日3・北欧1。
Vo.の性別で分けると、男声3・女声5・インスト2。
見事にブラック・ミュージックやR&Bは無し。
我ながらインディ・ミュージック(のメジャー寄りな方)好きっぽすぎて嫌になるわ...w。
つーか年々女性Vo.ものが増えてきてる気がするのだけど、気のせいかな。

その他、Ash、Buffalo Daughter、Grinderman、マニックス、Neil Young、Perfume Genius、ライムスター、Two Door Cinema Club、サニーデイ・サービスなどなども愛聴いたしました。
たぶん聴いた回数で言えばAshだと思うんだけど、これは隔週でシングルリリースし続けるA-Zシリーズを纏めた企画盤なので入れないでおきました。
って、誰に気を使ってるんだ俺。

今年初めて知って(聴いて)良かったのはふくろうずとMystery JetsとShe & Him。
どれもデビュー盤じゃないけど、今作でなんつーか、化けた感が勝手にしています。
昔から聴いてたファンの人たちからしたら「今頃何言ってんだよバカ」って感じかもしれないけど。
特にふくろうずはアルバム買ってからしばらくこればっか聴いてたなー。

Kathryn Williams / The Quickening

ふくろうず / ごめんね

Jaga Jazzist / One-Armed Bandit

She & Him / Volume 2

Vampire Weekend / Contra

Mystery Jets / Serotonin

Four Tet / There Is Love in You

LCD Soundsystem / This Is Happening

クラムボン / 2010

湯川潮音 / クレッシェンド

あとついでに今年のシングル・ベストは、洋・Foals「Spanish Sahara」、邦・神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」 、という事で。
どちらもアルバム買うまでには至らなかったけど、それぞれにこの曲はほんと素晴らしい曲だと思いました。
特にかまってちゃんは2010年に聴かないとあまり意味がない、という意味でもベスト・シングルっぽいんじゃなかろうかと。

Lists